山城博治:みんなの座り込みで新基地建設を止めることができる

 安倍政権は米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる護岸工事に着手したが、辺野古新基地建設反対運動の現場のリーダーとして知られる山城博治・沖縄平和運動センター議長は、「みんなで座り込めば新基地建設は阻止できる」と訴えている。不当な逮捕・長期勾留の後に保釈され、現在裁判闘争中の山城さんは最近東京で、全国の支援に感謝を表明し、新基地建設反対運動のこれからについて思いを語った。4月19日の参院議員会館、日比谷野外音楽堂、23日の新宿ロフトプラスワンでのスピーチから山城さんのメッセージを構成した。〈文責・星英雄〉 続きを読む

投稿日:

星英雄:北朝鮮の核問題について考える

 アメリカのトランプ政権が北朝鮮を攻撃し、日本にも波及するのではないかという不安と緊張感が高まっている。トランプ政権が国際法に違反してシリアを先制攻撃し、北朝鮮に対しても先制攻撃は排除しないとしているからだ。それを日本の安倍政権が支持し、いっそう不安と緊張をあおっている。それでいいのか。根底にある北朝鮮の核問題について考えてみたい。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則:国民なめんな 国会前行動

 4月21日夜、「未来のための公共」(政治テーマを広く取り上げ、議論を深めたい
と、学生、主婦、会社員らが設立した団体「未来公共」)主催の国会前行動が行われ
ました。「国会なめんな」「国民なめんな」「共謀罪法案絶対廃案」「憲法護れ」の
コールが響きました。 続きを読む

投稿日:

星英雄:沖縄と「本土」の連帯で辺野古に基地はつくらせない

 「辺野古の海の埋め立て工事強行を許さない!大集会」が19日夜、東京・日比谷野外音楽堂で開かれた。主催は総がかり行動実行委員会、基地の県内移設に反対する県民会議、「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会。3500人が「辺野古に基地はつくらせない」と声をあげた。不当な逮捕・勾留を経て裁判闘争中の山城博治沖縄平和運動センター議長も参加し、「沖縄に力を貸してください。連帯して闘おう。われわれの力で政治を変えていこう」と訴えた。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則:広がる市民の意思表示 東京・板橋で「とめよう辺野古新基地建設」

  4月16日午後、東京板橋で第7回「戦争をさせない」「さよなら原発」「とめよう辺
野古新基地建設」パレードが行われました。東武東上線成増駅前公園から光が丘ゆり
の木団地まで約1時間、コールを上げながら行進しました。参加者は150人でした。 続きを読む

投稿日:

 「未来のための公共」主催の国会正門前行動が、4月14日夜行われました。衆議院
法務委員会で審議が始まった「共謀罪」法案を絶対廃案に持ちこむ決意を込めたコールが続きました。6月18日の会期末までたたかいは続きます。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則:安倍政権を打倒しよう

4月13日新宿駅西口にて、「共謀罪法廃案」「森友学園究明」「辺野古新基地建設反対」「安倍内閣打倒」を掲げた、総がかり行動呼びかけの宣伝行動が行われました。野党代表、学者、学生からのスピーチ、ラストは主催者の海渡弁護士から「共謀罪法案」の概要が報告されました。1200名が 参集しました。 続きを読む

投稿日:

星英雄:自分が動けば社会は変わる 韓国キャンドルデモに学ぶ

 朴槿恵大統領を罷免に追い込んだ韓国の市民運動に、日本の市民運動が熱い視線を送っている(「福山真劫:従来の延長では安倍政権に勝てない 総がかりを超える総がかり運動を」3月27日投稿参照)。そんな折の4月8日、東京・亀戸文化センターで恵泉女学園大学教員の李泳采(イ・ヨンチェ)さんの講演をきいた。〈朴槿恵政権「崩壊」と韓国若者の政治参加─真の「市民革命」は実現できるだろうか〉という演題だった。韓国民主化運動の話を中心に振り返ってみた。 続きを読む

投稿日:

 岡本敏則:共謀罪は許さない

 国会前北庭の桜も満開の4月7日の夜、国会正門前で「未来のための公共」呼びかけの行動が行われました。「アベはヤメロ」「稲田はヤメロ」「今村(復興相)はヤメロ」「国民ナメンナ」「共謀罪絶対廃案」「民主主義ッテナンダ」ー「コレダ」のコールが続きました。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則:共謀罪法案を廃案にしよう

 後半国会の最大の争点「共謀罪」法案が衆議院で審議入りした4月6日夜、「共謀罪法案の廃案を求める4.6大集会」ー話し合うことが罪になるー、が日比谷野音で開かれました。野音に入りきれない(定員3000名)3700名が参加し、集会後国会請願デモが行われ、民進、共産、社民、自由各党とエールを交換しました。 続きを読む

投稿日: