星英雄:右派勢力の改憲策動と新しい市民運動

 安倍首相の終わりが見え始め、しかし、9条改憲も辺野古新基地建設もあきらめず、そして、米朝の激しい舌戦が不測の事態を招きかねない情勢下で、72回目の敗戦の日を迎えた。この日、侵略戦争を美化する靖国神社の境内では、安倍首相に改憲を求める右派勢力が気勢をあげた。

 地下鉄九段下駅から靖国神社に向かう少し上り坂の歩道は、この日ばかりは右派勢力の格好の宣伝の場と化す。

 教育勅語を印刷したビラ、「皇統護持・皇室の盤石と弥栄のため・・・」「女性宮家は必要ありません!」と書かれたビラ。

靖国神社に続く歩道

 「オスプレイの事故率は低い」「辺野古移設に問題はない」などもあれば、「日米安保は国防の基軸」「憲法九条改正こそ英霊にこたえる道」と、新聞スタイルの宣伝もある。

 左手に傘、右手に握り切れないほどのビラ等を受け取って靖国神社境内へ。英霊にこたえる会と日本会議の共催で「戦歿者追悼中央国民集会」が始まった。憲法「改正」が中心テーマだった。

 寺島泰三氏・英霊にこたえる会会長は言った。「安倍首相は憲法改正の目標・2020年にはこだわらないと軌道修正したのは残念だが、今を逃せば憲法改正の道は未来永劫に閉ざされると言って過言ではない。改正を実現するよう全力を結集したい」。

 田久保忠衛・日本会議会長もこう言った。「中国が強大になり、後ろ盾にしていたアメリカではトランプ大統領が誕生し、国際情勢は憲法「改正」に有利になっている」

参拝を待つ人たち

 アメリカいいなりにオスプレイの飛行再開を許し、米朝のエスカレートする応酬にもトランプ大統領に追随するだけ。日本国民の生命と安全を顧みず、9条改憲の野望に燃えている安倍政権なのだ。

 靖国神社の近くには無名戦没者の墓、千鳥ヶ淵戦没者墓苑がある。正午から「戦争犠牲者追悼、平和を誓う8.15集会」が開かれた。福山真劫・平和フォーラム共同代表は「安倍政権の打倒を明確にし、野党と労働運動、市民運動・市民の連帯した闘いが新しい政治を作り出している」と誓いの言葉をのべた。

千鳥ヶ淵戦没者墓苑の8・15集会

投稿日: