星英雄:シュワブゲート前、市民が工事車両を止めた現場で〈2018沖縄レポート①〉
 座り込みの人々と機動隊の激しい攻防が続いた。沖縄・辺野古、米軍キャンプ・シュワブ前。4月23日朝9時から午後2時まで5時間、石材を積んだダンプカーなど工事車両が路上で立ち往生した。ゲート前には500人を超える市民が結集した。市民の輪の中には稲嶺進・前名護市長の姿も見えた。結果、この日は通常の3分の1しか工事車両は入ることができなかった。

続きを読む

投稿日:

藤田観龍:国家の私物化許さない あたりまえの政治を市民の手で

3万人超(主催者)が安倍政権の退陣を求めて国会前で抗議の意志表示をした。主権者国民が安倍内閣退陣、安倍ヤメロの横断幕を手に、国会正門前の道路いっぱいに広がった。安倍ヤメロコールが響き渡った。戦争法(安保法制)反対以来の盛り上がりだ。 続きを読む

投稿日:

志田昇:早大から日大へ 大量の雇い止め・解雇計画と闘って

 「雇い止め」の問題は、日本の今という時代と社会を理解するうえで欠かせない。今年発売された広辞苑第7版で、新しく追加された言葉の1つがこの「雇い止め」であることも、その証と言える。労働契約法改正で4月から、「無期転換ルール」の運用が始まった。契約社員やパートタイマーら有期雇用の労働者が同一企業で通算5年以上働けば無期労働契約に転換されるルールだ。しかし、無期転換逃れの雇い止めが横行している。大学も例外ではない。闘って、数万人の雇い止めを阻止してきた首都圏大学非常勤講師組合の志田昇書記長に報告してもらった。〈連帯・共同21〉 続きを読む

投稿日:

岡本敏則: ウソつき首相はいますぐ退陣を

4月12日夜、4月2回目の木曜衆議院会館前行動が行われました。立民、共産、社民、
沖縄の風、立憲野党議員による国会報告。韓国から、弁護士団体、安倍NO東京ネット
ワークの連帯のスピーチ。コールの後、韓国の歌『真実は沈まない』の大合唱。歌詞
「光は闇に負けない 真は嘘に負けない 真実は沈まない 決して、あきらめはしな
い」。総がかり行動実行委員会共同代表高田健さんの行動提起。「安倍政権を本気で倒そうと思う人は、14日午後2時国会正門前の行動に参加を!」。参加者は1200人。 続きを読む

投稿日:

内藤正則:JAL165名の不当解雇が8年目に突入 心を引き締めて戦おう!

今日は残念ながら新社長になって初の本社前抗議となりました。今日の抗議行動での報告では「稲盛会長は『解雇の必要なかった』植木前社長は『自分の任期中に解決したい』と言ったが守らないJALだ。心を引き締めて戦おう!」と呼びかけがありました。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則: 3000万人署名をやりきろう 九条の会

4月7日東京北区で=安倍9条改憲NO! 3000万人署名達成へ 「九条の会」集会=が開催されました。Milk「弥勒」の演奏の後、小森陽一事務局長から、自民党改憲案の危険性について報告。澤地久恵呼びかけ人が14日㈯午後6時から国会正門前での「キャンドルデモ」を提起。朝倉むつ子早大教授、池内了名大名誉教授、池田佳代子ドイツ文学翻訳家、伊藤千尋元朝日新聞記者等7人の世話人が スピーチ。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則: 「国民をなめんな」森友問題公文書改ざんの真相解明を求める「官邸前大抗議行動」

4月6日夜、「反原連」主催の「金曜行動」の後、官邸前で「Stand For Truth」主催の森友問題に関する公文書改ざんの真相解明を求める「官邸前大抗議行動」が行われました。300mにわたり歩道は人人の波でした。来週は12日㈭18:30~「総がかり行動実行委員会」主催の議員会館前行動、13日㈮の「Stand For Truth」主催の行動はありません。14日㈯14:00~国会正門前で、両者主催の行動が行われます。 続きを読む

投稿日:

星英雄:抗い闘う沖縄民衆にたいする深い信頼の念 新崎盛暉さんを悼む

 沖縄大学元学長の新崎盛暉さんの訃報に接して脳裏に浮かんだのは、沖縄民衆に寄せる深い思いだった。戦後の米軍支配、日本復帰後の米軍基地に対する沖縄民衆の抵抗と闘いにたいする深い信頼の念こそ、沖縄現代史家、市民運動家の新崎さんを貫いていた思想だったと思う。 続きを読む

投稿日: