新着情報

星英雄:「救済なき権利」を突き崩そう 韓国大法院判決に思う

戦後の日本の歩みを問い直す出来事が相次いでいる。韓国の大法院(最高裁)判決が日本企業に賠償命令を突きつけた問題。安倍首相が、戦後これまでの自民党政権の破たんを認めずに方針転換したロシアとの領土問題。どちらもアメリカの戦後対日政策と深くかかわった問題だ。そして、戦後処理の際、日本から切り捨てられた沖縄の「辺野古ノー」の声は、日々戦後日本の在り方を問い続けている。韓国の大法院判決の問題を考えてみたい。 続きを読む

投稿日:

白藤博行:「執行停止決定の取り消し訴訟」で対抗しよう

25日、東京・文京区民センターで開かれた沖縄県知事選勝利の集会(一坪反戦地主関東ブロックなどの主催)で、白藤博行・専修大学教授(行政法)は、国交大臣が沖縄県の埋立承認撤回の執行停止を決定した場合、「本土」の私たち、そして沖縄県民はなにができるか、と提起しました。その部分を紹介します。 続きを読む

投稿日:

星英雄:安倍政権は沖縄の声を聞け 辺野古新基地建設反対運動が勝利した県知事選

全国注目の沖縄県知事選は激戦の末、辺野古新基地反対を訴えた玉城デニー氏が当選した。得票数は沖縄県知事選史上最多の39万6632票、相手候補に8万票以上の大差をつける圧勝だった。沖縄の民意は4年前に続き「辺野古新基地ノー」を鮮明にした。この選挙結果の意義は大きく、重い。新基地建設に反対して闘い続けてきた沖縄の人々、そして連帯して闘い続けてきた全国の人々の勝利だ。安倍政権はこの選挙結果を受け入れて、辺野古新基地建設を断念するべきである。 続きを読む

投稿日:

星英雄:住民の命や安全よりも米軍基地が大事という日米両政府の本末転倒

また1つ、明らかになった。辺野古新基地が、住民の命も安全も顧みないことが──。民家や学校は米軍機の低空飛行の危険にさらされ、子供たちや住民はおびえて暮らさなければならなくなる。辺野古新基地は、「高さ制限」というアメリカの基準や日本の航空法を無視して造られようとしている。安倍政権はどこまで人間の命を軽んじるのか。 続きを読む

投稿日:

東京は今日も暑かった。遊歩道を抜けて、普通の道を歩き始めたところ、街路樹に鳥が巣をつくっている、と通行人が教えてくれた。たしかに、高さ2メートルほどのところに巣があり、ひなだけがいた。 続きを読む

投稿日:

星英雄:翁長知事の遺志を継いで、辺野古新基地を阻止しよう

さあ、次は県知事選だ、勝って辺野古新基地を阻止しよう━━県民のそんな思いが伝わってくる大集会だった。時折、強い雨に襲われながら那覇市奥武山公園で開かれた「土砂投入を許さない!ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める8・11県民大会」に7万人の市民が結集した(主催者発表、東京ならば70万人に相当する)。翁長知事追悼の県民大会でもあった。 続きを読む

投稿日:

金城武政:埋立承認撤回、県知事選に勝利し、辺野古新基地を阻止しよう

 沖縄の皆さん、全国の皆さん、辺野古の金城武政です。私は仲間とともに、ウェブサイト「沖縄を考える」(http://kangaeru.okinawa)を立ち上げました。辺野古・沖縄の思いを全国に届けたい、全国の沖縄を思う心を沖縄に伝えたい、そんな考えからです。「沖縄を考える」から、皆さんの思いを発信してくれることを願っています。 続きを読む

投稿日:

星英雄:日米同盟と米朝首脳会談

 なぜ日本では米朝首脳会談に抵抗が強いのか。核戦争の危機さえ取りざたされたアメリカと北朝鮮が一転、朝鮮半島の平和構築を模索し始めたことを世界は歓迎してるというのに。朝鮮半島が平和になると、日米同盟の意義が根本から問われることへの不安が強い。北朝鮮脅威論に染まった国民の広い層がある。だが、日米軍事同盟にしがみつき、対米一辺倒、「トランプのポチ」といわれる安倍首相は朝鮮半島の平和構築、東アジアの平和秩序の形成に何の役割も果たせなかったことを直視すべきだ。日本はこのままでいいのか。 続きを読む

投稿日: