新着情報

沖縄県民と連帯する府中の会:6月23日、沖縄は慰霊の日 辺野古に新基地はいらない

6月23日は73年前、沖縄戦で組織的な戦闘が終わった日として、沖縄本島南部にある摩文仁の丘で慰霊祭が行われます。県民の4人に1人が犠牲になった、あの沖縄戦は、唯一の地上戦で日本本土、特に天皇と大本営を守るための時間稼ぎの消耗戦でした。 続きを読む

投稿日:

藤田観龍:ウソだらけの政治を変えよう 雨中の国会前に2万7000人


雨の中、安倍政権の退陣を求めて27000人(主催者)が「ウソだらけの政治を変えよう」と怒りの集会を国会前で開いた。「9条改憲NO! 政治の腐敗と人権侵害を許さない 安倍政権の退陣を要求する6・10国会前大行動」。主催は総がかり行動実行委員会らで構成する実行委員会。 続きを読む

投稿日:

星英雄:自民党・公明党支持者のみなさん 憲法に背く安倍首相をいつまで支えるつもりですか

 国会と主権者国民を欺き続ける安倍首相がいまだに政権の座に居座っている。しかし安倍政権は敗戦を機に今日まで日本国民が育んできた、憲法・戦後民主主義とは相いれない存在だ。自民党・公明党の支持者は安倍政権をいつまで支えるつもりなのか。 続きを読む

投稿日:

加藤祐三:政府は音波探査結果を公表し、活断層疑惑にこたえる責務がある〈2018沖縄レポート⑥〉

 沖縄側は埋立承認撤回の有力な根拠となるとみているが、安倍政権は活断層に関する決定的なデータを公表しない。原発は活断層の上には建てられないが、辺野古新基地ならかまわないのか。不都合な事実を隠蔽する点では、森友・加計疑惑、イラク日報等々と同じ構図だ。辺野古新基地建設予定地は活断層の上にある可能性が大きいと指摘してきた加藤祐三琉球大学名誉教授に聞いた。〈文責・星英雄〉 続きを読む

投稿日:

星英雄:いま名護で何が起きているか 全会一致決議の波紋〈2018沖縄レポート⑤〉

 辺野古新基地建設のカギを握る名護市で、一つの市議会決議が波紋を広げている。安倍政権・沖縄防衛局が新基地建設を進めるうえで避けては通れない美謝川の河口変更、辺野古の浜の埋め立てに「待った」をかける市議会の決議が、自民党、公明党を含む全会一致で決議されたのだ。 続きを読む

投稿日:

野村英隆: われわれは歴史の転換期に生きているのかもしれない おおさか総がかり集会に参加して

今日、扇町公園で開かれた「安倍9条改憲を許さない!  アベ内閣即時退陣! いのちと
くらしと人権を!」──おおさか総がかり集会の参加者は2万人。大阪損保革新懇から47名が参加した。公園は満杯、今までの集会の中で最も多かったのではないか。 続きを読む

投稿日:

呉屋守將:県知事選で勝つために役割を果たすつもりです〈2018沖縄レポート④〉

 11月の沖縄県知事選は、辺野古新基地建設の帰趨を決めるともいわれる。一方、スーパーや建設業などを擁する沖縄有数の企業体、金秀グループの呉屋守將会長がオール沖縄会議の共同代表を辞任した一件は、保革の協力体制に影を落としてもいる。あらためて呉屋会長に、辺野古新基地建設反対の考えをきいた。〈文責・星英雄〉 続きを読む

投稿日:

藤田観龍&星英雄:主権者国民が安倍政権の退陣を求め、沖縄県知事選を11月に控える中での憲法記念日

 主権者国民が、憲法を踏みにじり主権者に挑戦する安倍政権の退陣を迫り、そして、憲法があってなきがごとしの沖縄で辺野古新基地建設にストップをかける県知事選が11月に控えるという情勢のなかで、今年71回目の憲法記念日を迎えた。5月3日、全国各地で様々な憲法記念集会が催された。東京では、有明防災公園で「9条改憲NO!平和といのちと人権を!5・3憲法集会」が開かれ、6万人が集った。3000万人署名は途中集計で1350万人、目標をやりあげることを誓いあった。 続きを読む

投稿日:

山田峰生: 静岡の集会に参加しました

昨夜から今朝まで大雨と雷で心配でしたが、結構日差しが強い中での集会になりました。総勢600人程度の集会で残念でしたが、10:45からデモに参加して先ほど流れ解散しました。 続きを読む

投稿日:

星英雄:米軍嘉手納基地前から日本の安全保障政策を告発する〈2018沖縄レポート③〉

 27日、米軍嘉手納基地撤去を求める毎週金曜日早朝の「嘉手納ピース・アクション」は107回目を迎え、同基地第1ゲート、第5ゲート前に地元の人々が結集した。この日は、米軍の元海兵隊員にレイプ・虐殺された島袋里奈さん(当時20歳)の3回忌を営んだ。第5ゲート前にいってみた。 続きを読む

投稿日: