新着情報

岡本敏則: 2月19日国会行動

2月19日夜、議員会館前で「19日国会行動」が行われました、今国会では、森友・加計問題、厚労省のデータねつ造が疑われている「働き方改革」法案等、与野党の攻防が続いています。その国会から、佐々木隆博立民党衆院議員、穀田恵二共産党衆院議員、福島瑞穂社民党参院議員が参加しスピーチ。法律団体、千葉・市川の市民アクション代表が連帯の挨拶。主催は「総がかり行動」「安倍9条改憲NO! 市民アクション」。参加者は1800人でした。 続きを読む

投稿日:

大石京子:佐倉母親大会 浜矩子さんの講演

2月17日 佐倉市志津公民館で第8回佐倉市母親大会が開かれ、午後の講演会に参加しました。参加者は300人近く、超満員でした。駅近くの本屋では母親大会のポスターの下に浜矩子氏の本のコーナーができていて、たくさん売れたとか。そのせいか、男性の参加者も多かったです。以下は、浜さんの講演の要旨です。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則: 2.16大垣警察市民監視違憲訴訟

2月16日午後、「共謀罪はやっぱり廃止!警察による市民運動潰しの監視・介入・干渉を許さない」院内集会が開かれました。発端は、2014年7月24日の新聞報道でした。「岐阜県大垣市での風力発電施設建設をめぐり、同県大垣警察署が事業者の中部電力子会社S社に、反対住民の過去の活動や関係のない市民運動家、法律事務所の実名を挙げ、連携を警戒するよう助言したうえ、学歴または病歴、年齢など」を漏らしていたと報じました。「大垣警察市民監視事件」とよびます。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則:12・6、4・6を忘れない6日行動

2月6日の昼、衆議院議員会館前で「6日行動」が行われました。「秘密保護法」が強
行採決された2013年12月6日、「共謀罪法」が国会審議入りした2017年4月6日を忘れ
ないために、毎月6日の日に行われている行動です。この日、野党から真山民進党参
議員議員、有田立憲民主党参議員議員、畑野共産党衆議院議員、福島社民党参議院議
員から連帯の挨拶があり、この日まで集まった「共謀罪法廃止を求める署名226万人
分」を手渡しました。その後議員会館で「森友・加計情報隠しを許さない!公文書管
理法改正、情報公開法開催を求める集会」が持たれました。 続きを読む

投稿日:

星英雄:名護市長選後も辺野古新基地は造らせない 闘いはこれからもつづく

 「首相官邸主導の激しい選挙戦だった」と、市民の1人は名護市長選挙を振り返った。結果は、安倍政権の推す渡具知武豊氏が当選した。だが、選挙中は辺野古新基地建設にだんまりをきめこんでいた渡具知氏が、公明党との政策協定で「海兵隊の県外、国外の移転」を約束していたことも判明した。辺野古新基地を造らせない闘いはまだまだこれからだ。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則:吉祥寺でピースアクション

2月4日立春、東京・吉祥寺でピースアクションが行われました。井の頭公園をスタートし、吉祥寺を1周したパレードの後、吉祥寺駅周辺で「3000万人署名」の街頭署名を行いました。親子連れ、若いカップル、1時間で226人の署名が寄せられました。参加者は150名でした。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則:希望のエリアで原発反対

2月2日夜、国会正門向かって左のエリア(「希望のエリア」)で恒例の金曜日行動。「希望のエリア」は2012年6月から雨、雪の日も「こういう日だからこそ声を上げよう」と続けているグループ。(200回を超す)。この夜は反原連の中止を知らなかった人たちも参加、ドラム、トランペットをバックに「原発反対」「再稼働反対」「主権在民」を国会に向けて声を上げていました。 続きを読む

投稿日:

藤田観龍:つららの鶴の噴水と赤く染まった月

冷える日本列島、1月25日には東京都心でも零下4.0度を記録、東京・千代田区の日比谷公園では鶴の噴水の羽に大きなつららが下がっていました。「鶴の噴水」は明治38年頃東京美術学校(現東京芸大)の津田信夫・岡崎雪声の製作。当初は鶴と台座とも銅製でしたが戦時中の金属回収で台座が石造りに替えられました。 続きを読む

投稿日: