新着情報

内藤正則:JAL165名の不当解雇が8年目に突入 心を引き締めて戦おう!

今日は残念ながら新社長になって初の本社前抗議となりました。今日の抗議行動での報告では「稲盛会長は『解雇の必要なかった』植木前社長は『自分の任期中に解決したい』と言ったが守らないJALだ。心を引き締めて戦おう!」と呼びかけがありました。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則: 3000万人署名をやりきろう 九条の会

4月7日東京北区で=安倍9条改憲NO! 3000万人署名達成へ 「九条の会」集会=が開催されました。Milk「弥勒」の演奏の後、小森陽一事務局長から、自民党改憲案の危険性について報告。澤地久恵呼びかけ人が14日㈯午後6時から国会正門前での「キャンドルデモ」を提起。朝倉むつ子早大教授、池内了名大名誉教授、池田佳代子ドイツ文学翻訳家、伊藤千尋元朝日新聞記者等7人の世話人が スピーチ。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則: 「国民をなめんな」森友問題公文書改ざんの真相解明を求める「官邸前大抗議行動」

4月6日夜、「反原連」主催の「金曜行動」の後、官邸前で「Stand For Truth」主催の森友問題に関する公文書改ざんの真相解明を求める「官邸前大抗議行動」が行われました。300mにわたり歩道は人人の波でした。来週は12日㈭18:30~「総がかり行動実行委員会」主催の議員会館前行動、13日㈮の「Stand For Truth」主催の行動はありません。14日㈯14:00~国会正門前で、両者主催の行動が行われます。 続きを読む

投稿日:

星英雄:抗い闘う沖縄民衆にたいする深い信頼の念 新崎盛暉さんを悼む

 沖縄大学元学長の新崎盛暉さんの訃報に接して脳裏に浮かんだのは、沖縄民衆に寄せる深い思いだった。戦後の米軍支配、日本復帰後の米軍基地に対する沖縄民衆の抵抗と闘いにたいする深い信頼の念こそ、沖縄現代史家、市民運動家の新崎さんを貫いていた思想だったと思う。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則:市民の力で安倍内閣を退陣に追い込もう

3月27日、佐川元理財局長の国会証人喚問の日、国会前では昼、夜と「総がかり行動実行委員会」主催の行動が行われました。昼行動には700人、夜は1500人の参加でした。スピーチでは、山口二郎法大教授、鎌田慧さん、佐高信さんが「世論で、市民の力で安倍内閣を退陣に追い込もう」と訴えました。また官邸前でも市民の有志による、行動も行われました。4月からは毎週木曜日午後6時半から議員会館前行動が行われます。5日、12日、19日。14日㈯は午後2時から国会正門前大行動、と「総がかり行動実行委員会」の高田さんから行動提起がありました。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則:アベ内閣退陣、森友徹底究明の新宿大街宣

3月25日、東京新宿伊勢丹前で「安倍内閣退陣」「森友問題徹底究明」を求める大街頭宣伝が行われ、歩行者天国は延々人の波で埋まりました。スピーカーには通りすがりの32歳の会社員男性、保育士、大学生、大学院生が。政党からは、立憲、民進、共産、社民、自由から挨拶がありました。道行く人の多くが足を止め、スピーチに耳を傾け、また写メする姿が目立ちました。主催は「未来のための公共」と「Stand For Truth」。行動提起=毎週金曜午後7時半から首相官邸前集会。 続きを読む

投稿日:

名護市東海岸漁業協同組合設立準備委員会:新漁協設立にご協力お願いします

 名護市東海岸漁業協同組合設立準備委員会から、カンパ(寄付)の協力要請が届きました。要請文は「新漁協は私たちの出資をもとに設立いたしますが、新漁協の財政基盤を強化することは、知事の認可を得るうえでも、認可後の漁協運営のうえでも重要です」と説明しています。

 名護市東海岸漁業協同組合設立準備委員会は、名護漁協が漁業権を放棄した埋め立て予定区域も含めて漁場として申請する予定です。琉球新報は「同海域に漁業権を持つ新漁協として県が認可した場合、米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設に影響する可能性もある」と報じています。
 みなさんのご協力をお願いします。 続きを読む

投稿日:

神田健策:りんご広場でアベ政治に対する怒りの声

3月25日午前11時から弘前駅前のりんご広場で、「3.25森友公文書改ざん究明!憲法9条改悪反対!安倍内閣総辞職を求める津軽・弘前集会」を開催。70人が参加した。前回初デモ参加の若者がtwitterで集会を宣伝してくれる。アベ政治に対する怒りの声をあげた。 続きを読む

投稿日:

辺野古発:500人座り込めば工事は止まる

 名護市長選で痛恨の敗北を喫しましたが、11月の県知事選での勝利を目指し、辺野古のゲート前では新基地建設工事を止める闘いがつづいています。沖縄防衛局が今頃になってやっと開示した報告書は、辺野古新基地建設予定地が「活断層の疑いがある線構造に分類されている」、海底地質も「非常に緩い、柔らかい堆積物」と明記しています。沖縄の人々が訴えてきたように、そもそも基地建設が可能な地盤ではないのです。しかし安倍政権は埋め立て工事を強行し、現場では体を張って闘わざるをえません。その辺野古の現場から、工事を止める大結集の訴えが届きました。 続きを読む

投稿日:

岡本敏則:福島地裁判決に東電本社前で抗議の声

3月22日福島地裁いわき支部で「いわき避難者訴訟」の判決がありました。住民226人が東電に対し(早期解決のため国は対象とせず)133億円の損害賠償を求めた裁判です。島村典男裁判長は213人に6億1240万円の支払いを命じました。原告団、弁護団は「賠償額は国の中間指針に追随したもの」「不当判決」と怒りを隠しません。当日、東電本社前では福島原発避難者訴訟原告団、福島原発被害弁護団 が呼びかけた行動が行われました。福島から「不当判決」の一報が入ると、参加者から抗議の声が上がりました。  続きを読む

投稿日: